炭酸ガス入浴剤と炭酸泉、どう違うの?

美肌効果や新陳代謝アップ、アンチエイジング効果などで注目を集めている「炭酸泉」。炭酸と言えば、市販されている入浴剤にも炭酸が含まれているものもあります。自宅で気軽に始めたいと考えて、「炭酸ガス入浴剤」で代用できないかと考える方も多くいます。そこで、炭酸泉と炭酸ガス入浴剤ではどのような違いがあるかをご紹介します。炭酸ガス入浴剤は、高血圧や動脈硬化、ケガの症状改善などにも活用されている、炭酸泉の効能に着目して開発された、血流を促すことを目的とした入浴剤です。錠剤や粒状、タブレット状のものなどがあります。炭酸浴の効果は、炭酸の濃度によって変わってくるもので、濃度が濃いほど血行促進効果は高くなります。高濃度炭酸泉というのは、1000pp以上の濃度の炭酸泉の事を指します。炭酸泉と入浴剤の違いはこの濃度の違いです。家庭用に市販されている炭酸入浴剤で1000pp以上のものがあるかというと、そこまで濃度が高いものはなかなかありません。しかし、濃度が低いからといって全く効果がないというわけではありません。自宅で手軽に楽しみたいという方は、市販されているものでも比較的「高濃度」の物を選ぶことによって、炭酸泉に近い効果は得られます。

コメントは受け付けていません。