炭酸泉でなぜ結構我欲なるのか

炭酸泉には、炭酸ガスが多く含まれています。一般的に、水やお湯に溶けている炭酸ガスの分子は、非常に小さいために、皮膚を通過して血管内に入ることができます。血管内に炭酸ガスが入り込むと、血液中の炭酸ガス濃度が高まります。一般的に、血液中の炭酸ガス濃度が高まった場合、身体はその炭酸ガスを体内の細胞から発生させた老廃物として認識します。従って、炭酸ガスを体の中から排出しようとしますが、そのためには炭酸ガス濃度の高まった血液を肺に運んで、外気に放出する必要があります。
人間の身体には、血液を効率よく運ぶために、末梢血管を拡大させることで血行を良くする仕組みがあります。炭酸泉に入って、血液中の炭酸ガス濃度が高くなると、この仕組みが働いて、体中の血液を肺に送って肺から外気に炭酸ガスを排出させます。この時、身体から肺へと一方だけの血行が良くなると、体の各部の血液が足りなくなりますから、肺から心臓を通って体中へと送り出される血行も良くなります。
このような仕組みにより、炭酸泉に入ると血行が良くなり、その結果として、体内の老廃物の排出が促進され、それと同時に体の隅々まで血液が行き渡って酸素とエネルギーが供給されるため、体調がよくなり、体が温まる効果が現れます。

コメントは受け付けていません。