炭酸泉の効能について

炭酸泉とは炭酸ガスが溶け込んだお湯のことを指します。
炭酸泉の効能は、血流促進、皮膚への直接的な効果、心臓への負担が少ないなど様々です。
炭酸の効果で、血行が良くなり血流を促進させてくれます。
動脈硬化や心臓病、神経痛、糖尿病、肩こり、冷え性など、循環器系の疾患や血行障害などの緩和が出来ると言われています。
また、炭酸泉に入ると、細かい泡が肌の表面につきます。
この泡は、気泡が溶けずに残った炭酸ガスで、この泡が皮膚から吸収されることで血管を拡張させ、血液の流れを良くしてくれます。
末梢神経や毛細血管が刺激されることによって、皮膚疾患の改善に繋がります。
炭酸泉は普通の水よりも肌への浸透率が高く、肌の奥まで浸透して行きます。
また、肌の表面につく泡は、タンパク質とくっつく性質がある為、肌についている皮脂や角質を吸着し汚れを浮かせて落とす効果があります。
また、保湿力も高く、肌が弱酸性になるので、美肌効果も期待出来ます。
心臓に負担をかけずに、血液の流れを良くすることができるのも、炭酸泉の魅力です。
高血圧の方でも、血圧が急上昇することがないので安心して入ることができるのです。
身体の代謝も上がるので、疲労回復や筋肉痛などにも良いでしょう。

コメントは受け付けていません。